「探求!築山跡 ‐大内氏のもうひとつの居館‐」
「発掘された大内文化 京都文化と大陸文化の融合・昇華」

会期

会期 10月6日(木)~12月11日(日)
    前期:10月6日(木)~11月6日(日)
    後期:11月8日(火)~12月11日(日)

休館日 月曜日(但し祝日の場合は開館し、翌日休館)

概要

 築山跡は、山口市上竪小路に所在する中世の城館跡で、館跡、高嶺城跡、凌雲寺跡とともに、「大内氏遺跡附凌雲寺跡」として国の史跡に指定されています。
 発掘調査の成果や文献史料の記述から、築山跡は約570年前、大内教弘が守護職を息子(後の政弘)に譲ってからの居館で、教弘が没した後には、築山大明神となった教弘を祀る場になったと考えられています。
 市では、発掘調査の成果をもとに築山跡の東南部の整備をすすめ、このたび令和4年10月に築山跡史跡公園としてオープンを迎えました。これを記念し、本展では、築山跡にゆかりのある歴史資料や発掘調査の出土品を紹介します。

 また、あわせて文化庁主催の「発掘された日本列島2021」展に出品した大内氏遺跡関連資料を展示し、築山跡だけでなく、発掘された大内氏についても紹介します。

 

展示内容(一部)

 大内氏掟書(下関市立歴史博物館蔵)山口県指定文化財
 老葉(吉川史料館蔵)
 高嶺城跡採集瓦(山口市教育委員会蔵)
 乗福寺跡出土軒丸瓦(山口市教育委員会蔵)
                               …等  

イベント

大内氏歴史文化研究会シンポジウム
「築山跡と大内教弘 ‐居館から祭祀の場へ‐」

 日 時:11月27日(日)13:00~16:30(開場12:30) 
 定 員:250名 (申込先着順)
 参加費:無料
 申込方法:文化財保護課宛に、FAXまたはEメールにて、
      氏名・住所・電話番号・メールアドレスをお知らせください。
 受付期間:9月15日(木)~11月4日(金)
 問い合わせ:文化財保護課

 シンポジウム詳細や、申込等はこちら(山口市HP


築山跡史跡公園開園イベント
 日 時:10月10日(月・祝)14:00~16:00
 内 容:箏曲組歌の演奏(14:00~)
     蹴鞠の実演(14:40~)
 場 所:築山跡史跡公園(山口市上竪小路103-5)

 イベントの詳細や、チラシはこちら(山口市HP


ギャラリートーク(展示解説)
 日 時:10月16日(日)・11月20日(日)
     各日13:30~14:30
 ※申込不要 要観覧料

チラシ