「内海ツールズ ―海で使われた道具たち―」

会期

会期 1月4日(水)~3月26日(日)

休館日 月曜日(但し祝日の場合は開館し、翌日休館)

概要

 山口市南部地域は周防灘に面しており、かつては広大な干潟が広がっているなど、現在とは異なった姿をしていました。
 人々は土地環境に合わせて海産物や塩などを取り、生業や日々の糧としていました。しかし、時代の流れとともに土地の利用方法は変化していき、すでに失われてしまった生業もあります。
 本展示は、かつて海で営まれていた生業を紹介するとともに、当時使用されていた道具を展示し、人と海との関わりについて再認識することが目的です。

 

出品目録

モリ(所蔵:山口市歴史民俗資料館)
ハマビキ(所蔵:山口市歴史民俗資料館)
イカリ(所蔵:阿知須いぐらの館(旧中川家住宅))
                          …等

イベント


講座「山口市沿岸部における土地利用の変遷」

 日 時:2月26日(日)13:30~14:30 
 定 員:20名 (申込先着順・中学生以上)
 参加費:無料
 申込方法:電話またはメールにて、
      郵便番号・住所・氏名・電話番号をお知らせください。
 問い合わせ:山口市歴史民俗資料館

ギャラリートーク(展示解説)
 日 時:1月8日(日)・3月12日(日)
     各日13:30~14:30
 ※申込不要 要観覧料

チラシ